本  屋  青  旗
Ao-Hata Bookstore

Bookstore in Fukuoka, Japan. Artbook, Zine, Selfpublishing, Design, Products, etc.

About
News
Publication
Instagram
Online store

Closed on Wednesday




「THERIACA Yarn, Rope, Spaghetti」展

2022.9.30 Fri - 10.16 Sun

9月30日(金)より、ドイツと日本を拠点とするアーティスト/ファッションデザイナー 濱田明日香の作品集『THERIACA Yarn, Rope, Spaghetti』の刊行を記念した展示を開催します。

本展では、濱田明日香のファッション活動レーベル「THERIACA(テリアカ)」の作品展示他、「ASUKA HAMADA × DARUMA TUBE BAG KIT」やTHERIACAオリジナルグッズを会場限定で販売します。また、TUBE BAG KIT「マクラメバッグ&きんちゃく」を参加者の方とつくるワークショップも開催いたします。編み物に興味があるけど作り方が不安な方、濱田明日香さんのTUBE BAG KITが気になっていたけど自分で作るにはハードルを感じていた方、この機会に〈編む〉ことの楽しさをぜひ体験してみてください。

ワークショップのご予約・詳細はこちら:
https://aohatabooks.stores.jp/?category_id=632475e0c36dbe10fc8c3e25

-
Exhibition:
「THERIACA Yarn, Rope, Spaghetti」展
会場: 本屋青旗 Ao-Hata Bookstore
住所: 福岡県福岡市中央区薬院3-7-15 2F
会期: 2022年9月30日(金)ー10月16日(日)
開場: 12:00ー19:00 / 水曜休

Sep 16 2022

あはひ | 花代・磯谷博史

2022.9.9 Fri - 9.25 Sun

9月9日(金)より、東京ベルリンを拠点に活躍するアーティスト・花代と、美術家・磯谷博史による二人展『あはひ』を開催します。

身の回りの日常からイメージを掬いとる、花代と磯谷の2人の作家。今回、互いに切り取ってきた世界の断片を、緩やかに連想させるよう組み合わせ、カード型の作品集としてまとめました。デザインは青旗のロゴも手掛けた田中せりによるもの。大晦日に集まり、年越し蕎麦を食べた後、カードゲームをすることがここ数年の3人のお決まりの新年の迎え方だとか。親密さから生まれた作品集『あはひ』、見慣れた、しかし同時に知らない景色をお楽しみください。

尚、展示初日9月9日(金)は花代(12:00-13:30)、磯谷博史、田中せり(12:00-17:00)の在廊を予定しています。この機会にぜひお立ち寄りください。

-
Exhibition:
あはひ | 花代・磯谷博史
会場: 本屋青旗 Ao-Hata Bookstore
住所: 福岡県福岡市中央区薬院3-7-15 2F
会期: 2022年9月9日(金)ー9月25日(日)
開場: 12:00ー19:00 / 水曜休



Sep 6 2022

issue and issue | Yui Takada

2022.8.19 Fri - 9.4 Sun

8月19日(金)より、グラフィックデザイナー髙田唯による作品展『issue and issue』を開催します。本展では、髙田唯が近年個人的な活動として制作を続けている「凧」の新作を発表。青旗での展示にあわせて、徳島県のアワガミファクトリーを訪れ、和紙を藍染にし、さらにシルクスクリーンプリントで人型を印刷しています。また、北京の ori.studio と作ったはじめての実験的な作品集「AXIS」の展示・販売を予定しています。

これまでの活動を振り返りながら刊行された作品集「AXIS」、そしてこれからの課題をかろやかに浮かびあげた新作の「凧」をとおして、髙田唯がいま見ているふたつのissueをぜひご覧ください。

※新型コロナウイルスの影響により、トークイベントの日程が変更となっておりますのでご注意ください。

Talk Event:
『issue and issue』髙田唯 × 石塚俊
開催日:2022年9月3日(土)
時間:19:00-20:30(開場 18:30)
会場:虚屯(カラクリワークス株式会社)/ オンライン配信
住所:〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾3丁目17-13  1F(本屋青旗より徒歩1分)
定員:30名
参加費:会場 1,500円 / 配信 1,000円

予約・詳細:
https://aohatabooks.stores.jp/items/62ee35ddac36613b4b4088da


-
髙田唯 グラフィックデザイナー
1980年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。グラフィックデザイン部門「Allright Graphics」、活版印刷部門「Allright Printing」からなる 株式会社 Allright 取締役。東京造形大学准教授。
https://www.allright-inc.jp/


-
思い立って徳島に赴き
特別な藍染和紙でつくった凧と
国を越えて中国の ori.studio と作った
はじめての実験的な作品集「AXIS」。

尽きない課題は凧にのせ
これまでの視点は本の中に。


Exhibition:
issue and issue | Yui Takada
会場: 本屋青旗 Ao-Hata Bookstore
住所: 福岡県福岡市中央区薬院3-7-15 2F
会期: 2022年8月19日(金)ー9月4日(日)
開場: 12:00ー19:00 / 水曜休


Jul 31 2022

横浪修 写真展「AFTER CHILDREN」

2022.7.22 Fri - 8.14 Sun

7月22日(金)より、写真家・横浪修の個展『AFTER CHILDREN』を開催します。

ファッションや広告の分野で活躍する一方、自身のレーベルやベルギー・スウェーデンの出版社LIBRARYMANなどから作品集を発表し、国内外で注目を集める写真家・横浪修。子どもがフルーツや野菜を体に挟み、本人が意識できていない無意識の瞬間を捉え続けてきた「Children」シリーズは、作家が長年ライフワークとして制作を続けている作品のひとつでもあります。同シリーズの最新作となる本作では、過去作「100 Children」や「1000 Children」で撮影した当時3~5歳の子どもたちと再会し、中学生になった今もう一度同じシチュエーションで撮影。子ども時代と現在の写真を対となる形で展示した『AFTER CHILDREN』をぜひご覧ください。

-
横浪修 写真展「AFTER CHILDREN」
@osamuyokonami
場所:本屋青旗 Ao-Hata Bookstore
福岡県福岡市中央区薬院3-7-15 2F
会期:2022年7月22日(金)- 8月14日(日)
時間:12:00-19:00/水曜休

Jul 18 2022

here and there vol.15 Fukuoka Launch
belonging —どこに誰といて、何をするか?

2022.7.1 Fri - 7.18 Mon

今年で20周年をむかえた、編集者林央子の個人雑誌『here and there』。 最新号vol.15の刊行を記念して、2021年末から2022年初夏にわたる半年間の制作プロセスを、本誌のアートディレクションを担当したグラフィックデザイナー、尾中俊介(カラマリ・インク)が手がけた関連展示から振り返ります。

会期中、『here and there』主宰者林央子と、グラフィック・デザイナーの尾中俊介のトークも行います。福岡では初となる林央子のトークイベントになります。ふるってご参加ください。

トークイベント:
「編集者とデザイナーの相互侵犯、ともにつくる理由」
出演: 林央子 + 尾中俊介
日時: 7月9日(土) 18時〜19時半
会場: 本屋青旗
入場料: 1,000円
予約: 本屋青旗の店頭またはオンラインストアにて
https://aohatabooks.stores.jp/items/62bd17830850a02ebcc0a837
*配信の予定はありません。

-
here and there vol.15 Fukuoka Launch
belonging —どこに誰といて、何をするか?
@nakakobooks
場所:本屋青旗 Ao-Hata Bookstore
福岡県福岡市中央区薬院3-7-15 2F
会期:2022年7月1日(金)- 7月18日(月・祝)
時間:12:00-19:00/水曜休

Jun 29 2022


©️Ao-Hata Bookstore

©️Ao-hata Bookstore