[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[SALE] 4/13(土)から18(木)の5日間、店頭限定でサンプルセールを開催します。

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[SALE] 4/13(土)から18(木)の5日間、店頭限定でサンプルセールを開催します。

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

[SALE] 4/13(土)から18(木)の5日間、店頭限定でサンプルセールを開催します。

¥4,840

売り切れ

Sandu Publishing

Design360° no.102

中国のデザイン誌『Design360°』の第102号。今号のテーマは「Visual Identities for Art Institutions」。世界中の芸術機関で使用される優れた視覚的アイデンティティはどのように形成されたのか、時代にあわせて変化してきたロゴの変遷や、会場サイン、グッズ、各展覧会の宣伝美術など、豊富な図版とともに美術館やデザイナーへのインタビューを通して探求します。

オランダのアムステルダム市立美術館の特集では、1963年まで館長を務めたデザイナー ウィレム・サンドバーグ(Willem Sandberg)や、ウィム・クロウェル(Wim Crouwel)、ウォルター・ニッケルス(Walter Nikkels)、エクスペリメンタル・ジェットセット(Experimental Jetset)など各時代のデザインを収録。2012年にメーフィス&ファン・ドゥールセン(Mevis & Van Deursen)によって設計された現在のV.Iを、アーマンド・メーフィス(Armand Mevis)へのインタビューとともに詳しく見ることができます。

また、スイスのグラフィックデザイナー ジュリア・ボーン(Julia Born)によるブリュッケ美術館(Brücke Museum)や、フランスのデザインスタジオ Spassky Fischerとヨーロッパ・地中海文明博物館(Mucem)、長嶋りかこによるポーラ美術館、Thonikと上海当代芸術博物館(PSA)、韓国の国立現代美術館(MMCA)など、美術館・博物館へのさまざまなセクションを通して、芸術機関の視覚的アイデンティティを探求します。

その他、4組のデザイナーが招待され意図的にビジュアルの不統一を試みたドクメンタ'14についてのレビューや、デザイナーによる座談会などを収録。テキストは中国語・英語。

-
Pages: 200
Size: 185×250 mm
Softcover
Chinese, English

Pulished by Sandu Publishing, 2023