[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

[ 配送料 ] 合計11,000円(税込)以上で国内送料無料 でお届けします

Exhibition: New Habitations: from North to East 11 years after 3.11 in Fukuoka(2024.7.13 Sat - 7.28 Sun)

¥14,080

LANNOO

MARGIELA, THE HERMÈS YEARS / Martin Margiela

ベルギー出身のファッションデザイナー、マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)の作品集。本書は2017年3月から8月にかけてベルギー・アントワープの「モード美術館(MoMu – Fashion Museum Antwerp)」、2018年3月から9月にかけてフランス・パリの「パリ装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)」、そして同年10月から2019年3月にかけてスウェーデン・ストックホルムの「アーティペラーグ(Artipelag contemporary culture center)」で開催された同名展覧会に伴い刊行された当時のカタログを2024年に再刷したもの。

展覧会および本書は、作者がフランスの高級メゾン「エルメス(Hermès)」にて1997年から2003年までの間、レディースプレタポルテのデザイナーを務めていた時代にフィーチャーしている。当時手がけたコレクションやイメージフォト、ドローイングを数々の図版で堪能できる一冊。

作者の仕立て・技術・素材の革新と、着心地・永遠性・触感を重視した新しいファッションの視点は、観る者に感動を与えるためではなく着る人を喜ばせることを第一の目的とする服を生みだした。また若さに固執するのではなく様々な年齢の女性を受け入れる余地を残した女性像も登場し、それにより美に対する新しいビジョンが生まれた。

作家が最も懇意にするコラボレーターたちへのインタビューや、ドレス史・テキスタイル史を専門とするレベッカ・アーノルド(Rebecca Arnold)、「モード美術館」のキュレーターであるカアト・ダボ(Kaat Debo)、ファッションジャーナリストのサラ・モワー(Sarah Mower)らの寄稿による広範なエッセイ、そしてジャーナリストでありファッション評論家のスージー・メンケス(Suzy Menkes)による序文を通じて、この20世紀から21世紀のファッションにおける重要な時期が呼び起こされる。「メゾン・マルタン・マルジェラ(Masion Martin Margiela)」のアーカイブからの未公開資料、「エルメス」が顧客向けに刊行する季刊誌『ル・モンド・エルメス(Le Monde d’Hermès)』から取り上げた数多くの印象的で絶妙に洗練された数多の画像、そして新たに加わった写真資料によって、作家がエルメスの為に制作した至高のワードローブの物語を織りなしている。

The must-have book for every fashionista: Martin Margiela at French luxury house Hermès

Innovations in tailoring, technique and materials, as well as a new vision of fashion with an emphasis on comfort, timelessness and tactility created clothing whose primary aim is to please the wearer, not to impress the viewer. An image of women was also introduced that was no longer obsessed with youth but left room for women of different ages, thus generating an alternative vision of beauty.

This key period between 20th- and 21st-century fashion is evoked through interviews with Margiela's closest collaborators, more extensive essays by Rebecca Arnold, Kaat Debo and Sarah Mower, and a foreword by Suzy Menkes. Never-before-published material from the Maison Martin Margiela archives, numerous striking and exquisitely refined images from Le Monde d'Hermès, as well as new photographic material tell the story of Margiela's supreme wardrobe for Hermès.

-
Pages: 280
Size: 240 x 300 mm
hardcover
color, black and white

published by LANNOO, 2024 (2018)